マイクロソフト、「Microsoft Sync Framework」の最新テストビルドをリリース

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年03月06日 12時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、とりわけウェブサービスをオフラインのアプリケーションと連携可能にする、新たな開発ソフトの分野で前進を続けている。

 「Microsoft Sync Framework」は、アプリケーションに統合されると、ウェブサービスをオフラインで使用可能となり、PCと他のデバイス間で、音楽、動画、画像や他のファイルを同期することができる。

 Microsoftは、コミュニティー技術プレビュー版として、このソフトウェアの新たなテストビルドをリリースした。

 Microsoft Sync Frameworkには、どんなネットワーク上のデバイス間でも、リレーショナルデータベースと、MicrosoftのNTFSやFATなどのファイルシステムを同期させる機能のサポートが組み込まれている。

 Microsoftは、このソフトウェアが、どの製品ラインアップで用いられることになるのかを明確にしていないものの、同社エグゼクティブが最終的なリリースを約束する「Silverlight」のオフライン対応版向けに、興味深い相棒となり得るだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!