住商情報とリアルコム、ZimbraとKnowledge Marketによるメール駆動型情報共有ソリューションで協業

CNET Japan Staff 2008年03月07日 20時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムとリアルコムは、2008年3月より、住友商事が日本国内での総事業化権を持つ「Zimbraコラボレーション・スイート(ZCS)」とリアルコムの情報共有ソフトウェア「REALCOM KnowledgeMarket」を組み合わせた「メール駆動型情報共有」ソリューションを共同で拡販すると発表した。

 この「メール駆動型情報共有ソリューション」では、ユーザーが行うメールのドラッグ&ドロップ操作によって、業務知識が蓄積、整理される環境を構築できるという。また、Zimbraの大規模構築経験を持ち、KnowledgeMarketのユーザーでもある住商情報システムが導入支援を担当することで、情報共有プランの立案から、システム構築、運用までのトータルサービスを提供できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!