IIJ、リモートアクセスサービスにセキュリティ機能を追加

吉澤亨史 2008年03月11日 16時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IIJ(インターネットイニシアティブ)は3月11日、同社独自開発のリモートアクセスサービス「IIJセキュアリモートアクセス」に、端末認証やデジタル証明書連携などのセキュリティ機能と、ホットスタンバイ機能を新たに追加し、同日より提供を開始したと発表した。

 IIJセキュアリモートアクセスは、社外からファイアウォールの内側にあるメールサーバーや社内サーバーへのアクセスを手軽に実現するサービス。ユーザーごとのきめ細かいアクセス制御と通信の暗号化により、セキュアなリモートアクセス環境を構築できることが特徴。

 今回追加された機能は、端末認証機能とEAP対応、ホットスタンバイ機能。端末認証機能では、接続するPCのMACアドレスによる認証機能を提供する。これにより、自宅のPCなど事前に登録されていない端末からの社内ネットワークへのアクセスを制限し、よりセキュリティレベルの強固なリモートアクセス環境を実現する。

 また、VPN接続時の認証プロトコルとして、新たにEAPに対応した。ワンタイムパスワード製品や社内の認証サーバと連携した認証方法に加え、デジタル証明書による認証を行うことで、よりセキュアな暗号化通信を実現する。さらに、スタンバイオプションにホットスタンバイが加わったことにより、万一リモートアクセスサーバーの本番機が正常に動作しない場合でも、自動的にスタンバイ機に切り替わりシステム停止を未然に回避し、常に安定したリモートアクセス環境を実現することが可能となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?