米AdventNet、SaaS形式の人事管理ソフト「Zoho People」のベータ版を公開

Emi KAMINO 2008年03月11日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SaaS形式のビジネスオンデマンドソフト「Zoho」を提供する米AdventNetは現地時間3月10日、中小企業向けの人材管理アプリケーション「Zoho People」のベータ版を公開した。

「Zoho People」は、従業員50人以上の規模の企業を対象に、人材管理に必要な主に5つの機能を提供。組織における部門や役職、従業員の情報を定義し、チャート化して管理できる「Organization」をはじめ、就職希望者の履歴書情報の検索などの人材採用のプロセスを効率化する「Recruitment」、経費精算や出張申請などの書式を提供する「Forms」、状況に応じて必要なビジネスプロセスを自動で判断し、作業フローを定義する「Checklist」、従業員が直接アクセスして情報の更新や申請書の提出などが行える“Self Service”の各モジュールを提供する。

「Zoho People」は、同社の企業向けウェブデータベースソフト「Zoho Creator」を統合。これにより、すべてのコンテンツやフォームのカスタマイズが可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!