日本BO、SAPとの連携機能も強化したBIプラットフォーム「BusinessObjects XI 3.0」を発表

CNET Japan Staff 2008年03月11日 21時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビジネスオブジェクツは3月11日、同社BIプラットフォームの最新版「BusinessObjects XI 3.0」を発表した。

 「BusinessObjects XI 3.0」は、ビジネスインテリジェンスに必要とされる、レポーティング、クエリー/分析、ダッシュボード、予測分析といった機能を網羅したプラットフォーム製品。製品には、物理的データの統合機能「Data Integrator」とデータクオリティの管理・向上機能「Data Quality」を包含する「BusinessObjects Data Services」、レポーティングツールの最新版「Crystal Reports 2008」、クエリ/レポーティングツール「Web Intelligence」、対話型ダッシュボードを提供する「Xcelsius 2008」、OLAPデータ操作ツール「Yoyager」、ビジネス情報検索ツール「Polestar」、MS Officeアプリケーションとの連携を実現する「Live Office」、ワイヤレスデバイスからデータへのアクセスを可能にする「Mobile」、ダッシュボード作成ツール「Dashboard Builder」といったコンポーネントが含まれており、それぞれに機能強化が行われている。

 さらに、新たに追加される製品「BI Widget」を利用すると、あらゆる職責のユーザーのデスクトップに対して、ふさわしいBIコンテンツを配信することが可能になる。ユーザーは、BI Widgetを通じて配信される情報をセルフサービスで活用できる。そのほか、SAPとの連携機能も強化され、SAP Business Information Warehouse(BW)ユニバースの管理、BWメタデータの拡張サポート、SAPポータルの操作といった点での改善が行われているという。

 「BusinessObjects XI 3.0」は、2008年第2四半期に出荷開始予定。「BusinessObjects XI 3.0 Mobile」と「BusinessObjects XI 3.0 Polestar」については、2008年後半の出荷が予定されている。

BusinessObjects XI 3.0 BusinessObjects XI 3.0で新たに加わる「BI Widget」を利用すると、ユーザーのデスクトップに対して、直接BIコンテンツやアラートを配信できる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR