日本IBMらがWeb 2.0向けセキュリティ技術を開発、OpenAjaxへ寄贈

吉澤亨史 2008年03月13日 17時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは3月13日、ウェブサイトや企業のデータベース、電子メールなど複数の情報から統合されたビューを創り出すマッシュアップ技術を使ったWebアプリケーションの安全を確保する新しいテクノロジー「SMash」を、東京基礎研究所およびワトソン研究所の研究員が共同で開発したと発表した。

 企業がリスクを負わずに価値あるシチュエーショナルアプリケーション(状況依存型アプリケーション)を実現することに、コードネーム「Smash」は貢献するという。SMashは「Secure Mashup」の略語で、異なる提供元からのウェブアプリケーションコンポーネントの独立性を保ちつつ、相互に情報を交換できるようにすることで、悪意あるプログラムが企業システムに入り込むことを防ぐという。

 また日本IBMは、消費者やビジネスユーザーがマッシュアップテクノロジーを活用する機会を提供するため、この技術をOpenAjax Allianceに寄贈したこともあわせて発表している。OpenAjax Allianceは、オープンで相互運用可能なAjaxベースのウェブテクノロジーの導入を成功させることに取り組んでいる組織。Ajaxを利用しているベンダーやオープンソースプロジェクト、企業により構成され、IBMは創設メンバーとして参加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR