BIGLOBE、地方公共団体向けクレジットカード公金決済サービスをSaaS型で提供

目黒譲二 2008年03月13日 18時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECビッグローブ(BIGLOBE)は3月13日、地方公共団体向けに、各種納税や料金支払の収納を代行する「NECクレジットカード公金決済サービス」を4月1日より提供開始すると発表した。

 同サービスは、BIGLOBEの決済基盤とデータセンタを活用し、納付サイトの構築、運用から決済処理、収納管理までの業務をSaaS型で提供するもの。

 住民税や自動車税、国民年金保険料や水道料金などの支払いをインターネットを介してクレジットカードで決済することが可能となるため、利用者(住民)の利便性が向上するほか、地方公共団体にとっても、新たな収納方法を提供することで回収率の向上が期待でき、未納者・滞納者への対応コストの削減が図れるとしている。

 利用料金は、初期費用30万円のほか、サービス利用料が、月額定額料金型の場合1万5000円から、決済件数による課金型の場合1件10円からとなっている。NECとBIGLOBEでは、今後3年間で100ユーザーへの販売を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!