CPUの停止命令が使用できるかどうかを表示するメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年03月14日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Checking 'hlt' instruction... OK.|disabled

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

CPUのhlt命令(停止命令)が使用できるかどうかを表示している。使用可能ならOK.、そうでなければdisableを表示する。このメッセージはブート時出力する。

通常、hlt命令は使用可能だが、カーネルパラメータで”no-hlt”を指定すると使用不可となり、printkによるメッセージもdisableになる。no-hltを指定するとアイドル状態時、CPUはhlt命令による停止を行わず、無限ループ処理を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?