「Internet Explorer 8」はウェブを破壊するのか?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年03月14日 20時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Internet Explorer(IE)8」に関してはひとつ、どうしても気になる疑問がある。このことを考えずにはいられない:IE8がついに出荷されたとき、それはウェブを破壊するのだろうか?

 このことについて悩んでいるのは、何も筆者が物怖じしないMicrosoftの懐疑論者であるためだけではない。Microsoftが本腰を入れ始め、多くの開発者や顧客が望んでいたとおり、「super-standards」モードをIE8のデフォルトにすることを決定する直前までは、同社の関係者が全面的な標準ルートを推し進めることは「ウェブを破壊する」と主張していたこともその理由だ。それではMicrosoftがそのようなリスクを負う判断を下した原因は、あるとすれば何だったのか。

 やはり、同社がsuper-standardsモードをIE8のデフォルトにすると発表したちょうど1カ月前に、IE Platformのアーキテクトを務めるChris Wilson氏はブログで以下のように述べていた:

 「われわれは『相互運用性のあるウェブ開発を可能とする(そして奨励する)が、今日のIEで適切に動作するページを破壊することをIEに強要しない』というシンプルな声明からスタートした。われわれはみな、ウェブ開発者が異なるブラウザのために各自のサイトのテストや再コード化に時間をあまり費やす必要がないような世界に融合したいと考えていると思う。しかし同時に、たとえそれが標準遵守を改善するという良い理由であっても、私の母親のようなユーザーが今日のサイトで経験していることを破壊することもできない。素晴らしいスタイリングやレイアウトの変更を加え、IE8の新エンジンがもっと標準を遵守できるように取り組んでいるが、これは大きな破壊の可能性がある。」

  MicrosoftはIE7特定のルールに準拠するサイトやページ、アプリケーションを破壊する可能性を低下させるべく、IE8の機能の一部を取り除いたのだろうか?あるいはMicrosoft幹部は、標準モードに移行することが、彼らが主張するような大混乱を引き起こすことはないことを十分に知りながら、でたらめを言っているのだろうか?

 筆者はこのような質問を先週、ラスベガスで開催されたMicrosoftのMix’08カンファレンスでIEチームのジェネラルマネージャーを務めるDean Hachamovitch氏に投げかけた。Hachamovitch氏は、筆者の仮説はいずれも不正確であると答えた。

 「過去にIE7では、開発者はそれほど(標準を遵守することについて)積極的ではなかった」とHachamovitch氏は述べた。「わが社がIEに対して加える変更は何であれ、みながどれほど素早く反応するかについて、これを強力なデータポイントとしてとらえた。」

 同氏はこのように続けた。「しかし今回はコミュニティが推移したようである。彼らはもっとすぐに反応するようになるという。われわれは開発者に(全面的に標準化されたIE8への移行について)各自のスケジュールをもっと簡単に選択できるような方法を提供する…。長期的にはこれがウェブにとって正しいことであることは認識している。」

 筆者の解釈はこうだ:Microsoftは開発者がIE8にフルな標準モードを採用する方法、時期、そしてその如何について、彼らにもっと自由裁量を与えようとしているが、互換性の問題が浮上することについては、あまり心配していない。同社は開発者の大半が、super-standardsモードについて迅速なサポートを提供するというよりは、むしろリップサービスを提供すると予期しているためである。

 Hachamovitch氏はまた、IE8が「Cascading Style Sheets(CSS)2.1」や「HTML 5」といった進化を続けるウェブ標準のいくつかに準拠すると約束することにより、Microsoftがある程度の危険を冒すつもりであることも指摘した。同氏は、標準化プロセスが長引いた場合、Microsoftはこれらの標準の確定した最終バージョンを待つつもりはないという。Hachamovitch氏は、MicrosoftがIE8を出荷した後に標準が大幅に変更した場合には、同社はその事実に対応するための計画を考案しなければならないだろうとも述べた。

 「われわれは出荷の準備ができたときに出荷するつもりだ」とHachamovitch氏は述べた。またIE8が現在未完成の特定のウェブ標準に準拠せずに完成してしまった場合、IE8の修正の方法とその必要性を検討する際には、「インストールされたブラウザのベース」よりも「インストールされたウェブサイトのベース」を重視すると指摘した。

 そのようなわけで、また振り出しに戻ってきた。Microsoftの公式なスタンスは、標準モードをIE8のデフォルトとすることにより「正しいこと」をしたというものである。しかし同社は多くの開発者が実際に急いでこの新モードを利用してアプリケーションやページを作り直すようなことは期待していない、と筆者は思うのだ。

 読者はどう思うか?今ではMicrosoftが標準ルートを進むことは歓迎されているが、IE8が最終的にリリースされたときには(「Beta 2」がこの夏に予定されている)、Microsoftは結局のところ「ウェブを壊した」ことで厳しく批判されるのだろうか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?