iPhone 2.0のファームウェアがハックされる

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年03月17日 11時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gizmodoが報じたところでは、iPhone 2.0のファームウェアがハックされたという。彼らの記事では、次のように述べられている。

 iPhone SDKに付属しているbeta 2.0ファームウェアを修正してiPhoneをアンロックし、iPhoneでいかなるアプリケーションでも実行できるようにした。Pwnage Projectの一部であるこのハックされたファームウェアを使うと、ユーザーは何でもできるようになる。これには、公式アプリケーションや非公式アプリケーションのインストールの他に、パッチを当てることも含まれる。

 彼らは、これはすべてこれまでのPwnageプロジェクトの一部だと話した。このプロジェクトは、iPhoneをハックしようというのではなく、ファームウェア自体にパッチを当ててiPhoneをアンロックして、どんなキャリアでもiPhoneを使えるようにし、どんなアプリケーションでもインストールできるようにしようというものだ。

 このプロジェクトを進めているiPhone Dev Teamによれば、カスタム版の2.0ファームウェアでは、署名のないアプリケーションもまったく問題なく実行することができ、このファームウェアはどんなサービスプロバイダでも使えるという。これに加え、Dev Teamはこれは完全なアンロックであり、Appleがこの穴をふさぐのは大変だろうとも述べている。Dev Teamはこれは単純なjailbreakではなく、ハックされたバージョンのファームウェアだとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!