システム起動時に表示され、有効にされた論理CPU数を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年03月17日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Brought up cpus CPUs

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

システム起動時に表示され、有効にされた論理CPU数を示す。

CPU数が1個以上のSMPシステムでは、カーネル起動時に有効CPU数が決定される:

1. カーネルパラメータのmaxcpus

2. CONFIG_NR_CPUS(ディフォルト=8)

maxcpus > CONFIG_NR_CPUSの場合は有効CPU数が最大CONFIG_NR_CPUSまでとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!