ActiveMatrixは完璧ではないがSOA実現への正しい道--PushToTestの調査結果より

山下竜大(編集部) 2008年03月17日 23時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBM、Oracle、BEA Systemsの各社SOA戦略およびSOAの実践アプローチについて、TIBCO Softwareのアジア太平洋地域 日本担当最高技術責任者(CTO)であるDaniel Ternes氏は、次のように語る。

 「SOAに関するマーケティング的なメッセージは、IBMも、Oracleも、BEA Systemsも、そしてTIBCOも大きな違いはない。すべての会社のウェブサイトに“ウチの製品はSOAを実現できる”と書いてある。しかし各社のウェブサイトを読んでも“具体的にどうすればSOAを実現できるのか”という記述は見つからないことが多い」

 たとえば、パイロットプログラムのレベルであれば、どの会社の製品を使ってもそれほど大差なくSOAを実現できる。しかし、パイロットプログラムから小規模プロジェクト、部門レベル、全社レベルと規模が大きくなるにつれ、SOA構築は複雑化し、各社製品の生産性やTCO(総保有コスト)にも違いが出てくる。

 そこでTIBCOでは、SOA構築におけるIBM、Oracle、BEA、そしてTIBCOのアプローチに関する評価を、オープンソースのテスト自動化ツールを提供するPushToTestに依頼した。

ActiveMatrixはSOA開発コストを最大49%削減

 PushToTestでは、独自に開発したサプライチェーン構築のシナリオにより、IBM、Oracle、BEA、TIBCOの各社製品を使用してSOAを構築した場合、どれだけの労力が必要かを比較している。

 この調査結果では、SOAアプリケーション開発においてTIBCO製品は、BEAより49%、Oracleより35%、IBMより22%、コストが削減できることが報告されている。PushToTestは、TIBCO ActiveMatrixを「まだ完璧とは言えないが、SOA実現への正しい道だ」と評価した。

 調査結果の詳細は、PushToTestのウェブサイトで公開されている。

 Ternes氏は、「SOAの最大のメリットは、コスト面はもちろん、企業に機敏性をもたらすことができること。機敏性の根底にあるのはサービスをいか再利用できるかであり、サービスの再利用促進は新しいシステム構築を容易にする。さらに、企業の投資利益率(ROI)も左右する」と話す。

TIBCOのDaniel Ternes氏 「ActiveMatrixはSOA開発コストを最大49%削減できる」とTernes氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?