バズワードとしてのSaaS、あるいはその真価(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2008年03月18日 17時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「バズワード」 は一般にネガティブで 「派手だけど中身のあまりない単語」 のような意味で使われます。たとえば 「xx 2.0」。さすがに最近はかなり減りましたが、「今までにない新しいもの」であることを主張するためのバズワードです。しかし、たいして新しくもないのに平気で 2.0 を名乗るケースが多発、マーケティング的にはすでに「恥ずかしくて使いづらいもの」 になり下がっています。

 「SaaS」 は今よく使われるバズワードの最右翼でしょう。「サービスとしてのソフトウェア」が訳語ですが、事前のライセンス購入ではなく月額などで利用料金を払うこと、インターネットを経由してアプリケーションをホスティングで提供すること、それこそ Web 2.0 的な 「次世代の」 (と言い張る) テクノロジーを使っていること、といった特徴を持っているものが SaaS と呼ばれるようです、なんとなく。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから