アドビ、「Photoshop Lightroom 1.4」をサイトから削除--不具合の発見を受け

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年03月18日 11時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは、「Photoshop Lightroom」の新バージョンに少なくとも3つのエラーを引き起こす可能性があることが判明したため、このバージョンをウェブサイトから削除した。

 Adobeはウェブサイトに掲載した文書で、ユーザーはバージョン1.4に移行するべきではなく、移行したユーザーは旧バージョンに戻すように推奨すると述べている。

 「次の更新プログラムが用意できるまでLightroom 1.4をインストールしたユーザーは、バージョン1.4をアンインストールしてLightroom 1.3.1をインストールして欲しい」とAdobeでは述べている。エラーにはタイムスタンプの不具合とファイルをDNGフォーマットに変換する方法のエラーが含まれる。もう1つのエラーは、オリンパスのJPEGファイルを他のフォーマットに変換する際に影響を与えるものである。

 3つの不具合のうち2つは、Windows版とMac版の両方のLightroomに影響を与えるが、1つの不具合はWindows版でのみ発生する。バージョン1.4のWindows版とMac版はいずれもAdobeのサイトから削除されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR