iPhoneとiPod touchを操作不能にする新たなエクスプロイトが明らかに

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年03月19日 16時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneやiPod touchを操作不能にしたり、WindowsやMac OS上のSafariブラウザが異常終了したりする新しいエクスプロイトが明らかになった。悪意あるコードが仕掛けられたウェブサイトにアクセスした際に問題が発生する。影響を与えるにはユーザーによるクリックを必要とするこれまでのエクスプロイトとは異なり、iPhoneWorldが明らかにしたこの新しいコードでは、ユーザーの操作を必要としない。

 Appleにコメントを求めたが、現時点でコメントは得られていない。

 このコードは1月に初めて報告され、Safariのメモリ不足を引き起こす。メモリ不足に陥った後、iPhoneやiPod touchが操作不能になり、PC上のSafariはクラッシュする。BugTraqニュースグループの脆弱性報告では、「問題の性質を考えると、遠隔地からコードを実行することもできるだろうが、この点についてはまだ確認されていない」と述べている。

 現時点では、Appleから修正プログラムは提供されていない。回避策として、SafariのJavaScriptを無効にする方法がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!