Tukwila、Dunnington、Nehalem、Larrabee…… インテルの開発コード名オンパレード

藤本京子(編集部) 2008年03月19日 18時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは3月19日、エンタープライズ市場における同社の取り組みについて説明会を開催し、サーバ向け製品や企業向けPCプラットフォーム、そして新アーキテクチャの今後について語った。

 サーバ向けの製品としては、2008年内に製品投入が予定されている新たなItaniumプロセッサファミリー「Tukwila」(開発コード名)が注目されている。Tukwilaは、「世界初の20億トランジスタ搭載のマイクロプロセッサ」(インテル マーケティング本部 デジタル・エンタープライズ・グループ 統括部長の徳永貴士氏)で、4コアとマルチスレッドの採用により、同時に8スレッドの処理が可能となるものだ。

徳永氏 Tukwilaを手にして説明する徳永氏

 また、最大30MバイトのオンダイキャッシュやQuickPathインターコネクトなどが搭載され、「9100番台と比較して性能が最大2倍に向上する」と徳永氏。

 Tukwilaは65nmプロセス技術にて製造されるが、Tukwilaの次に登場するItaniumファミリー製品「Poulson」(開発コード名)では、65nmより2世代先の32nmプロセス技術が採用される。Poulsonでは、マルチスレッド技術や命令レベルが拡張される予定だ。また、Poulsonの次の第9世代Itaniumプロセッサは「Kittson」(開発コード名)で、「各世代ごとに約2倍の性能向上を提供する」(徳永氏)としている。

 Xeonファミリーでは、2008年後半にハイエンドの「Dunnington」(開発コード名)が登場予定だ。7000番台の製品ラインに投入されるDunningtonは、19億のトランジスタを搭載した6コアプロセッサで、45nm High-kプロセス製品となる。16MバイトL3キャッシュを搭載し、最新のインテルの仮想化技術に対応する予定だ。

 一方、クライアント製品については、インテルが推進するビジネス向けプラットフォーム「vPro」について同社 マーケティング本部 ビジネス・クライアント・マーケティング部長の廣田洋一氏が説明した。

 vProは、管理性の高いプラットフォームとして、企業の管理者の負担を軽減するものとされている。しかし、企業内での管理はもちろんのこと、PCのリモート管理サービスを提供するアウトソーシング業者にとっても利便性の高いプラットフォームだ。4月には、NECフィールディングがvProを活用した遠隔サポートサービスを提供開始する。

 今後のvProの機能拡張について廣田氏は、「より管理性の高いインテル アクティブ・マネジメント・テクノロジ(AMT)の4.0/5.0を採用予定で、ノートPCがAC電源につながっていれば、サスペンド状態などでも管理できるようになる。また、PCの調子が悪い場合、ボタンひとつでサポートを得る技術や、ハードディスクの暗号化技術『Danbury』も採用する」としている。

 さらにインテルは、2008年第4四半期に新アーキテクチャを発表する予定だ。この新アーキテクチャ「Nehalem」(開発コード名)について解説したインテル 技術本部長の及川芳雄氏は、「2コアから8コアまでに対応し、1つのコアにつき4つの命令が同時実行できる。また、インテルとしては初めてメモリコントローラをCPU内に実装する」とした。

 及川氏はまた、2009年に登場予定のビジュアルコンピューティング向けアーキテクチャについても触れた。この新アーキテクチャの開発コード名は「Larrabee」で、「新しいキャッシュアーキテクチャやベクター命令セットが、ビジュアルコンピューティングに最適化されている」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR