マイクロソフト、2008年のWinHECの開催日を決定

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年03月21日 13時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、2008年の秋はロサンゼルスで多くの時間を過ごす計画のようだ。

 Microsoftはすでに2007年のProfessional Developers Conference(PDC)をキャンセルした後で、2008年のPDCを10月27〜30日にハリウッドで開催すると発表していた。そして今週、WinHEC(Windows Hardware and Engineering Conference)もPDCの翌週にロサンゼルスのダウンタウンで開催すると発表した。

 Microsoftはこれまで、WinHECを2008年秋に西海岸で開催するとしか発表していなかった。WinHECは春に開催されるのが通例だが、Microsoftは2007年11月、2008年の開催を秋に延期すると発表していた。

 Microsoftは米国時間3月19日、WinHECのメーリングリストの参加者に、WinHECを11月5〜7日にLAコンベンションセンターで開催するので「その日を空けておくように」との電子メールを送信した。MicrosoftはWinHECで話し合われる内容については多くを明かさなかったが、2つのイベントが短い期間に立て続けに開催されるので、ついに「Windows 7」に関するさらに多くの情報が聞けるのではないかと期待している(ただし、それ以前にニュースを提供してくれる予想屋も歓迎する)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!