グーグル、非営利団体向けのサイト「Google for Non-Profits」を公開

文:Caroline McCarthy(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年03月21日 14時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 慈善団体を対象にGoogleのウェブベースの無償ツール群について教育することを目的としたサイト「Google for Non-Profits」が米国時間3月18日に公開された。

 Google for Non-Profitsは基本的にはGoogleのさまざまなアプリケーションやそれらの使用方法を説明するチュートリアルへのリンク集だが、慈善団体向けの味つけがしてある。YouTubeへのリンクには、「あなたの主義主張を世界最大のオンラインビデオコミュニティーで放送しよう」というキャッチフレーズが付いている。また「Google Groups」には「スタッフやボランティア活動家と簡単に連絡を取って支持者の間での議論を活発化しよう」という提言が記されている。

 しかしGoogle for Non-Profitsのページでは、「Google Grants」プログラムを使用した無償広告、「Google Checkout」サービスによる取引手数料の免除、それぞれのGoogleアプリケーションを使用した成功体験談や推薦の言葉など、非営利団体向けの各種イニシアチブも強調されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR