ヴイエムウェア、1億ドルを投じてインドに研究開発施設を建設へ

文:Mike Ricciuti(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年03月25日 11時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VMwareは米国時間3月24日、今後2年間で1億ドルを投じてインドで存在感を強める計画であると発表した。

 VMwareはバンガロールに8万2000平方フィート(7600平方メートル)の新しい研究開発施設を建設する予定であると述べた。さらに、2010年までにインドの従業員数を現在の2倍の1000人以上に増やす計画である。

 ストレージメーカーEMCの1部門であるVMwareは、仮想化ソフトウェア市場のリーダーと見なされている。しかし、競合他社もその差を埋めようと取り組んでいる。

 Microsoftは先週、「Hyper-V」ハイパーバイザソフトウェアのテスト版のダウンロード提供を開始した。今回のリリースは、Microsoftが「Windows Server 2008」の一部として提供する仮想化ユーティリティの完成間近のコードである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!