フォトレポート:絵でみる「Ubuntu 8.04」ベータ

文:Adrian Kingsley-Hughes 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年03月26日 15時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Ubuntu 8.04 "Hardy Heron"は、ちょうど開発のベータ段階に入ったところだ。そしてそれは、650Mバイト強のダウンロード、このお気に入りのLinuxディストリビューションを試してみる心地いい時間を意味する。私がHardy Heronというコードネームを持つUbuntu 8.04を初めて目にしたのは2月であり、まだアルファ4のときだった。このリリースは動作はしたが、まだ不完全で、ところどころ仕上がっていない部分があった。それに比べれば、今回のベータリリースはより磨きがかかっており、洗練されている。今後手を入れる必要のある既知のバグがまだいくつか残っているが、全体としてはこの「Hardy Heron」はゴールラインに近づいている。
 Ubuntu 8.04 "Hardy Heron"は、ちょうど開発のベータ段階に入ったところだ。そしてそれは、650Mバイト強のダウンロード、このお気に入りのLinuxディストリビューションを試してみる心地いい時間を意味する。私がHardy Heronというコードネームを持つUbuntu 8.04を初めて目にしたのは2月であり、まだアルファ4のときだった。このリリースは動作はしたが、まだ不完全で、ところどころ仕上がっていない部分があった。それに比べれば、今回のベータリリースはより磨きがかかっており、洗練されている。今後手を入れる必要のある既知のバグがまだいくつか残っているが、全体としてはこの「Hardy Heron」はゴールラインに近づいている。

 Ubuntu 8.04 "Hardy Heron"は、ちょうど開発のベータ段階に入ったところだ。そしてそれは、650Mバイト強のダウンロード、このお気に入りのLinuxディストリビューションを試してみる心地いい時間を意味する。私がHardy Heronというコードネームを持つUbuntu 8.04を初めて目にしたのは2月であり、まだアルファ4のときだった。このリリースは動作はしたが、まだ不完全で、ところどころ仕上がっていない部分があった。それに比べれば、今回のベータリリースはより磨きがかかっており、洗練されている。今後手を入れる必要のある既知のバグがまだいくつか残っているが、全体としてはこの「Hardy Heron」はゴールラインに近づいている。

Ubuntu 8.04では何が新しくなり、何が変わったのだろうか。

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから