MS元幹部J・オールチン氏、「Vista Capable」ロゴ裁判で証言か

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年03月26日 10時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Vista Capable」ロゴプログラムに関連して同社が訴えられている裁判で、原告側が複数のコンピュータメーカーと小売店に証言を求めている。そして、このなかにWindowsの責任者であったJim Allchin氏が含まれていることが明らかになった。

 Seattle Post-IntelligencerのTodd Bishop氏が投稿した米国時間3月25日付けのブログによれば、原告側は、Acer、Dell、Hewlett-Packard、IBM、ソニー、東芝、さらに小売店のBest Buy、Circuit City、Costco、OfficeMax、Wal-Martを召喚したという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!