MS、さらなるWindows XP SP3製品候補第2版のテストを継続

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年03月26日 11時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月25日、Windows XP Service Pack 3(SP3)の新たなバージョンをリリースしたが、引き続きテスト段階の中でのリリースにとどまっている。

 Windows Vista Service Pack(SP1)は、2月中にRTM版が仕上がり、先週から一般向けの配布もスタートしている。その一方で、MicrosoftはXP SP3に関して、まだ最終的な出荷を承認するに至っていない。

 Microsoftは「3月25日に同社ダウンロードセンター経由で、Windows XP SP3 RC2 Refreshが公開された。Windows XP SP3製品版の正式リリースを前に、さらなるユーザーからのフィードバックを受け付けるため、今回の製品候補版が出されている」との声明を出した。

 ZDNetのMary Jo Foley氏は、MicrosoftがXP SP3を、今週中に最終的な形でリリース予定であったものの、その計画を変更したと伝え聞いたという。

 TechNetへの投稿によれば、2月にリリースされたRC2バージョンと、今回の「RC2 Refresh」バージョンとの間で、さほど大きな違いはない。Microsoftは「よく知られているWindows Updateに関連した修正点と、HD Audioのサポートが含まれるようになった点を除けば、今回のベータリリース版(ビルド5508)とXP SP3 RC2版(ビルド3311)との間に、目立った相違はない」と説明した。

 (XP SP3製品版の)最終リリース時期に関して、Microsoftは、顧客からのフィードバックに基づき、変更される可能性があるとのお決まりの注意点を含めつつ、2008年上半期中になると述べるにとどめている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR