超簡単:Ubuntu 8.04ベータをインストールしてみた

Adrian Kingsley-Hughes(ZDNet.com) 2008年03月27日 23時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Ubuntu 8.04 (開発コード:Hardy Heron)のベータ版が公開された。Ubuntu 8.04のもっとも大きな変化は、今インストールされているWindowsを変更しなくても、Ubuntuを簡単に試せるようになった部分だろう。Ubuntu 8.04に追加された新機能「umenu」と「Wubi」のおかげでWindowsユーザーは容易にインストールできるようになったはずだ。インストールに必要なのはWindows PC、4GB以上のハードディスクの空き容量、WindowsにマウントされたUbuntu 8.04のISOファイルまたはインストールCD。さてここでは、WindowsとUbuntuのデュアルブート環境を作成する方法をご紹介しよう。まず、CDをドライブに挿入する(か、ISOファイルをマウントする)。umenuが起動すると(起動しない場合はCDのルートディレクトリでumenu.exeを起動)、3つの選択肢が表示される。
 Ubuntu 8.04 (開発コード:Hardy Heron)のベータ版が公開された。Ubuntu 8.04のもっとも大きな変化は、今インストールされているWindowsを変更しなくても、Ubuntuを簡単に試せるようになった部分だろう。Ubuntu 8.04に追加された新機能「umenu」と「Wubi」のおかげでWindowsユーザーは容易にインストールできるようになったはずだ。インストールに必要なのはWindows PC、4GB以上のハードディスクの空き容量、WindowsにマウントされたUbuntu 8.04のISOファイルまたはインストールCD。さてここでは、WindowsとUbuntuのデュアルブート環境を作成する方法をご紹介しよう。まず、CDをドライブに挿入する(か、ISOファイルをマウントする)。umenuが起動すると(起動しない場合はCDのルートディレクトリでumenu.exeを起動)、3つの選択肢が表示される。

 Ubuntu 8.04 (開発コード:Hardy Heron)のベータ版が公開された。Ubuntu 8.04のもっとも大きな変化は、今インストールされているWindowsを変更しなくても、Ubuntuを簡単に試せるようになった部分だろう。Ubuntu 8.04に追加された新機能「umenu」と「Wubi」のおかげでWindowsユーザーは容易にインストールできるようになったはずだ。インストールに必要なのはWindows PC、4GB以上のハードディスクの空き容量、WindowsにマウントされたUbuntu 8.04のISOファイルまたはインストールCD。さてここでは、WindowsとUbuntuのデュアルブート環境を作成する方法をご紹介しよう。まず、CDをドライブに挿入する(か、ISOファイルをマウントする)。umenuが起動すると(起動しない場合はCDのルートディレクトリでumenu.exeを起動)、3つの選択肢が表示される。

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!