マイクロソフト、「MIT Kerberos Consortium」に参加

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、小林理子 2008年04月01日 14時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティ認証と承認を推進する「MIT Kerberos Consortium」は米国時間3月31日、Microsoftが同コンソーシアムに参加したことを発表した。

 Google、Apple、Sun Microsystemsの3社および複数の大学とともに2007年9月に立ち上げられた同コンソーシアムに、Microsoftが設立スポンサーとして加わることになったという。

 米国企業の従業員は、共通のシングルサインオン認証と承認システムを利用して、シングル認証でネットワークサービスにアクセスできる。このシングルサインオン認証と承認システムを消費者にも提供するのが、Kerberos Consortiumの目標だ。同コンソーシアムは、1980年代にマサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した「Project Athena」から派生した団体だ。

 Microsoftは、「Windows 2000」「Windows XP」「Windows Server 2003」「Windows Vista」「Windows Server 2008」などの製品にKerberosネットワーク認証プロトコルを採用している。また、Kerberosは、Microsoftの「Windows Active Directory」の主要な認証ツールになっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?