TimesTenは完全なデータ管理機能を提供する--オラクル担当者が語る

渡邉利和 2008年04月02日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleでは、中核となるRDB「Oracle Database」に加え、組込用途向けデータベースとしてOracle Liteを用意し、さらに2005年にTimesTen、2006年にBerkeley DBを相次いで買収してラインナップの強化を図っている。

 今回は、Times Tenの創業メンバーの1人であり、現在はOracleで組込データベース製品担当バイスプレジデントを務めるMarie-Anne Neimat博士にTimesTenの製品概要と、同製品に関する同社の戦略を聞いた。

TimesTenの特徴

Marie-Anne Neimat博士 Marie-Anne Neimat博士

 TimesTenは1996年に設立され、2005年にOracleに買収されました。中核技術は「インメモリのリレーショナル・データベース」で、この技術はHP(Hewlett-Packard)のR&Dラボで「Smallbase」という名称で研究されていたプロジェクトが元になっています。HPではSmallbaseの製品化は行なわず、TimesTenはHPからのスピンアウトとして設立されました。この技術の特徴は、一般的なRDBと同じ機能をはるかに高速に実行できる点で、レスポンスタイムが短く、リクエストに対して即座に応答が返ります。TimesTenという名前は「Ten Times Faster(10倍高速)」という意味を含んでいます。

 TimesTenは、データをメモリ上に展開して動作するインメモリRDBですが、システムはスタンドアロンで利用可能です。インメモリとはいっても、システムダウンなどでメモリの通電が断たれる可能性もありますから、一定周期でトランザクション・ ログをディスクに保存するなどの対策を行なっており、データの一貫性も常に正しく保証されます。

 スタンドアロンで使う以外にも、エンタープライズ市場で目立つ用途として、Oracle DBの前段でキャッシュとして動作させる使い方もあります。これは、Oracle DBの強みとTimesTenの強みを組み合わせる、有効な活用法となっています。

 現在TimesTenはOracleの製品となっており、Oracle DBを補完する役割を担います。TimesTenは、ミドルティア/アプリケーションティアにリーチできるので、Oracle DBの市場拡大をリードする役割も期待されます。

 TimesTenとOracle DBの組み合わせでは、スケーラビリティの高さはOracle DBが、レスポンスタイムの速さはTimesTenがそれぞれ担うという、それぞれの強みを活かした役割分担が実現できるのです。大規模なデータをOracle DBに格納し、頻繁にアクセスされる一部のデータのサブセットをTimesTenにコピーしてキャッシュとして利用することで、レスポンス・タイムを大幅に短縮できます。

 現在では、リアルタイムアプリケーションに対する需要は特殊用途に限られるものではありません。多くの業界の多くのアプリケーションで、データ量とトランザクション量が共に増大し、同時にリアルタイムのレスポンスが要求されるようになってきているのです。TimesTenの高速性能は、リアルタイムでのデータ処理の需要に対応できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから