国内コンプライアンス市場規模予測、2007〜2012年のCAGRは23.0%で拡大

奥山順子 2008年04月02日 20時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは4月2日、国内コンプライアンス市場規模予測を発表した。

 発表によると、2007年の国内コンプライアンス市場はセキュリティ、ストレージなどIT基盤を構成する製品の導入が進んだ。2008年以降は内部統制対策が進む大企業でコンプライアンス業務プロセスの効率化および自動化でIT活用が拡大、さらに2012年以降は中堅中小企業もコンプライアンス関連のIT投資が本格化することから、2007〜2012年の年間平均成長率(CAGR)は23.0%で拡大し、2012年には1兆8200億円に達すると予測している。

  同社のITスペンディングリサーチマネージャーの笹原英司氏は「中長期的には、経済成長と環境保護の両立が法令遵守に取り組む企業の優先課題となる。ITベンダーは、コンプライアンス関連IT基盤として“グリーンIT”を組み込んだソリューションの開発を推進すべきである」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?