マイクロソフト、同社初のコンテナ型データセンターを建設する計画を発表

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年04月03日 04時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのWindows Live Coreチームの花形アーキテクトのひとりであるJames Hamilton氏は、モジュラーデータセンターのコンテナをデータセンター建設に採用することの主唱者である。

 米国時間4月1日、Microsoftは公に完全にコンテナ化された生産データセンターを建設する計画を発表した。同社はこの発表をData Center Worldショーで明らかにした。Microsoftのコンテナ型データセンター設備はシカゴ地域(イリノイ州、ノースレイク)に置かれる予定である。

 Hamilton氏はMicrosoftの発表を同氏の社外ブログにおいて詳説している:

 「Microsoftのシカゴ設備は2フロアで設計されており、1階はコンテナ化されたデザインで150〜220の40フィートのコンテナを収容する。各コンテナには1000〜2000台のサーバが収容できる。シカゴの設備は大規模であり、Mike(Manos氏、Microsoft Global Foundations Data Centerチームを率いる)はローエンドなら15万のサーバを、ハイエンドなら44万のサーバを運用できると述べている。サーバ1台あたり200ワットと想定すれば、クリティカルロード(限界負荷量)はコンテナ化されたデータセンターの半分について30メガワットから88メガワットで運用されるだろう。PUE(電力使用効率)が1.5と想定すると、データセンターのコンテナ化された部分の総負荷量は45メガワットから132メガワットの間と推定できる。これはかなり大きな設備である。」

 このような輸送コンテナ型のデータセンターの形態をテストしているのはMicrosoftだけではないと、Hamilton氏は指摘している。Rackable SystemsとSun Microsystemsは同様のソリューションを発表しており、Rackableは1000台以上のサーバが収容されていた最初の生産コンテナを出荷したとHamilton氏はいう。他にコンテナ型モジュラーデータセンターのソリューションを提供しているベンダーとしては、IBM、Dell、VerariがあるとHamilton氏はブログで述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?