NTTソフト、ネットワーク試験ツールの販売でアジレントと協業

WebBCN (BCN) 2008年04月04日 11時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTソフトウェア(NTTソフト、伊土誠一社長)とアジレント・テクノロジー(アジレント、海老原稔社長)は、IP電話やIPアプリケーションサーバーなどのSIP搭載通信製品の試験ツール「ActiveSIP Simulation Tester」の販売で協業した。

 「ActiveSIP Simulation Tester」は、SIP搭載通信製品の検査を効率よく行えるツールで、NTTソフトが2月中旬に発売していた。プロトコルチェック機能とNGNなどの公開されたネットワークインターフェイス条件に合ったシーケンスデータおよび検査データを提供する。従来の機能確認用システムと比べて、SIP対応サービスや機器検査の準備作業を簡素化できるという。

 NTTソフトは、「ActiveSIP Simulation Tester」拡販のため、今回アジレントとの協業を決めた。アジレントは、ネットワーク機器メーカーやプロバイダなどをターゲットに「ActiveSIP Simulation Tester」を販売する。全国的な販売網をもつアジレントとNTTソフトのソリューション提案力、およびシステム構築力を合わせ、営業活動や販売促進活動も共同で実施する計画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!