Windows Server 2008日本語版、パッケージ販売は4月16日から

CNET Japan Staff 2008年04月08日 12時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは、4月16日より次期サーバOS「Microsoft Windows Server 2008」日本語版のパッケージ製品を販売開始する。

 Windows Server 2008パッケージ製品は、「Windows Server 2008 Enterprise」「Windows Server 2008 Standard」「Windows Web Server 2008」の3つのエディションで登場する。各パッケージには、x86とx64のDVDメディアが同梱されており、ニーズに合わせて32ビットまたは64ビットを選択できる。

 EnterpriseバージョンとStandardバージョンには、仮想化機能「Microsoft Hyper-V」のベータ版が含まれている。Hyper-Vの製品版は、8月に提供予定だ。

 各バージョンの参考価格は以下のとおり。

  • Microsoft Windows Server 2008 Standard 日本語版(5 CAL付):18万8000円
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise 日本語版(25 CAL付):72万円
  • Microsoft Windows Web Server 2008 日本語版:8万5800円
  • Windows Server 2008 5 CAL 日本語版:3万2600円
※ CAL=Client Access License :クライアントアクセスライセンス。サーバ製品に接続するデバイスまたはクライアント(ユーザー)ごとに支払うライセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR