AMD、「Barcelona」チップを全面的に出荷開始

文:Brooke Crothers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月10日 12時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)によると、当初の予定よりもかなり遅れたものの、クアッドコアOpteron(Barcelona)を搭載したサーバがHewlett-Packard(HP)から発売され、その他のコンピュータベンダーもそれに続く予定だという。

 Barcelonaの出荷は、製造上の問題とバグのせいで幾度も延期されてきた。AMDは現在、チップのバグ修正を含んだ「B3」バージョンを出荷している。

 AMDは米国時間4月8日に発表したプレスリリースにおいて「顧客はクアッドコア版のAMD Opteronプロセッサを、HPを始めとするさまざまなメーカーのシステムとして入手することができる」と述べている。AMDによると、「HP ProLiant G5」サーバの発売は、世界中のOEMメーカーやシステムビルダーから今後数週間のうちに発売される予定の数多くのサーバに先駆けたものだという。

 現時点で「Opteron 8300」シリーズは、HPの一部のサーバに搭載可能である(2.2GHz用は8354、2.3GHz用は8356)。Opteron 8300シリーズというプロセッサは、4プロセッサ(16コア)を使用するマルチプロセッササーバを主に対象としたものである。

 AMDは同社の製品価格を改訂し、8360(2.5GHz)を2149ドル、8358(2.4GHz)を1865ドル、8356(2.3GHz)を1514ドル、8354(2.2GHz)を1165ドルとした。

 AMDはまた、クアッドコアのOpteron 2300シリーズのプロセッサ価格も発表しており、それによると価格帯は2352(2.1GHz)の316ドルから2360(2.5GHz)の1156ドルまでとなっている。これらは主に2プロセッサシステムで用いられる。

 シングルプロセッサシステム向けであるクアッドコアの1300シリーズの価格帯は、1352の209ドルから1356の377ドルまでとなっている。

 HPの業界標準サーバのマーケティング担当バイスプレジデントであるPaul Gottsegen氏は用意していた声明の中で「われわれは、クアッドコアのAMD OpteronのOEM版プロセッサを搭載したサーバを他社に先駆けて市場に投入できることを誇りに思っている」と述べている。

 AMDのこのプロセッサを搭載したシステムはIBMやDell、Sun Microsystemsからも発売される予定である。IBMとSun Microsystemsは2007年の秋から同プロセッサ用のシステムを準備し、その出荷を待っていた。

 AMDによると、Barcelonaを搭載したコンピュータはRackable SystemsやSupermicroといった中小ベンダーからも発売される予定だという。

 AMDは7日、2008年に人員を10%削減するという計画と、第1四半期の売上予想は15億ドルになると発表していた。この売上高は前年第4四半期と比べると15%の低下となり、季節的な減少を加味してもかなり低いものとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!