語るに欠かせぬ人だから(ZDNet Japanブログより)

八木大造(クレオ) 2008年04月14日 17時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までのあらすじ:これまで何かと縁のあったゴーカイ極まりない役員に連れられていった寿司屋で、突然、「今やっている仕事について考えていること」をプレゼンするよう迫られたボク。もう後には引けない。ここでしくじれば、全部取り上げられる…。飛び出しそうな心臓を左手で抑えつつ、どうにかこうにか説明を終えると、ゴーカイ役員は据わった目でじっとボクをにらみ付け、ひとこと「わかった。がんばれ」とだけ言ってビールをあおり、自分の退任を告げた。その後の寿司屋では、湿っぽい空気を一転させようと、なぜか大将が演歌を歌い、ボクがジャズを歌うことになる……)

 ....気付けば店の中がパァっと明るくなっていた。演歌の不思議な力を実感。あの役員がこの店をひいきにする理由がなんとなーくわかった。

 歌い終わるや、あの役員は棚の上のホコリをかぶったギターとトランペットのケースを指差した。「大将やるの?俺も若いころ横須賀でラッパ吹いててね・・・」顔真っ赤だし、目は据わって怖いし、もーかなり酔ってるから、ほんとかどーかはわからない。

 あの役員は、マスコさんにギターを、フジイさんにトランペットを棚から下ろさせた。ふたりは手際よくケースから取り出して音合わせを始めた。

「何かやってみろ!」ゼッタイ言うと思ったもんね!マスコさんがカバンの中から譜面を取り出してボクに渡した。なんでもってんの?ま、とにかくそんなワケでボクは歌うことになったんです。寿司屋でジャズか・・・シブイぜ。

全文はこちら--「真水不足のミッドウェイ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから