acts_as_state_machineプラグインを使ってユーザーの状態管理(ZDNet Japanブログより)

吉見和也(RAWHIDE.) 2008年04月14日 18時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 restful_authenticationのジェネレータには、「--stateful」というオプションがあって、acts_as_state_machineというプラグインを使ったユーザの状態管理をサポートしています。

./script/generate authenticated user sessions --stateful

 これをやると、アクティベーションの部分も一緒に入りますので、出来上がるものは以下と全く同じ。

./script/generate authenticated user sessions \
              --include-activation \
              --stateful

 acts_as_state_machineはインストールされませんので、別途インストール。

$ script/plugin install http://elitists.textdriven.com/svn/plugins/acts_as_state_machine/trunk/

 ジェネレートした後でuser.rbを見てみると、いつものに加えてacts_as_state_machine用の記述がいくつかある。

全文はこちら--「あとで読むRailsのススメ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR