オラクルがパッチを公表予定

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年04月14日 11時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間4月15日に公表する予定のパッチの詳細について発表した。これには同社の主力商品のデータベースに対する17件のセキュリティ対策を含む、全部で41のパッチが含まれている。

 Oracleは勧告の中で、このパッチが同社の製品群の「複数のセキュリティに関する脆弱性」を対象としていると述べている。目立った製品に関しては、Oracle Application Serverに3件、E-Business Suiteに11件、PeopleSoft Enterpriseに3件、Oracle Siebel SimBuilderに6件のセキュリティ対策が施される。

 影響を受けるOracle製品は次の通りだ。

  • Oracle Database 11g, version 11.1.0.6
  • Oracle Database 10g Release 2, versions 10.2.0.2, 10.2.0.3
  • Oracle Database 10g, version 10.1.0.5
  • Oracle Database 9i Release 2, versions 9.2.0.8, 9.2.0.8DV
  • Oracle Application Server 10g Release 3 (10.1.3), versions 10.1.3.1.0, 10.1.3.3.0
  • Oracle Application Server 10g Release 2 (10.1.2), versions 10.1.2.0.2, 10.1.2.1.0, 10.1.2.2.0
  • Oracle Application Server 10g (9.0.4), version 9.0.4.3
  • Oracle Collaboration Suite 10g, version 10.1.2
  • Oracle E-Business Suite Release 12, versions 12.0.0 - 12.0.4
  • Oracle E-Business Suite Release 11i, versions 11.5.9 - 11.5.10 CU2
  • Oracle PeopleSoft Enterprise PeopleTools versions 8.22.19, 8.48.16, 8.49.09
  • Oracle PeopleSoft Enterprise HCM versions 8.8 SP1, 8.9, 9.0
  • Oracle Siebel SimBuilder versions 7.8.2, 7.8.5

 また、今回のパッチ集で影響を受けるOracleデータベースのコンポーネントは以下の通りだ。

  • Advanced Queuing
  • Audit
  • Authentication
  • Change Data Capture
  • Core RDBMS
  • Data Pump
  • Export
  • Oracle Application Express
  • Oracle Net Services
  • Oracle Secure Enterprise Search or Ultrasearch
  • Oracle Spatial
  • Query Optimizer

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!