新しいシステムは前の「9倍」スゴくないと使ってもらえない?(ZDNet Japanブログより)

吉田健一(リアルコム) 2008年04月16日 15時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、エンタープライズ2.0の名づけの親、Andrew McAfee教授のビデオを見る機会があった。そこで「9X(ナインエックス) Problem」という面白い話があったので紹介しよう。

■サイボウズからDesknet'sへの乗り換えは困難か?

 リアルコム社内ではグループウェアとしてGoogle Apps Premier Editionを利用しているが、一部ワークフロー等はサイボウズを利用していた。先月その部分がサイボウズからDesknet'sに変わった。どちらも日本を代表するウェブ型グループウェアであるが、サイボウズでは機能が不足していたため、機能面で優れているDesknetsを入れた。

 ところが、社内に抵抗がある。「新しいツールに移るのは面倒くさい」「今のままでよいのではないか」といった声があがっている。

 機能はDesknet'sの方が明らかに優れているのだ。それなのに、なぜここまで抵抗があるのか。それは「9X Problem」があるからである。

全文はこちら--「「エンタープライズ2.0」への道しるべ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR