グーグル、現在試験中のテレビ広告を一般公開へ

文:Garett Rogers(Special to ZDNet.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年04月15日 10時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは少し前からテレビ広告を実地に試験しており、今後2〜3週間以内に一般に公開する予定だ。このサービスを利用すると、広告主はA&E、Bravo、CNBC、CNN、Discovery、ESPN、Fox News、MTVといった人気の高いテレビネットワークにスポット広告を流すことができる。この種の広告は予算に余裕のない平均的な企業を対象としたものではないが、テレビ広告キャンペーンを導入して、その効果を測定したい大企業にとっては便利なツールになるかもしれない。

 この新しいサービスは広告に多額の予算をつぎ込める企業を対象にしているため、企業が今後どのように反応するかわからないが、現在Googleはスケーラビリティの問題に取り組んでいるため、実際にサービスが投入される日付は未定だ。

 この種の広告が平均的な企業にとって金額面でより利用しやすいものになるように、Googleにはいつの日かユーザーのGoogleアカウントに接続するセットトップボックスを開発してほしいと筆者は考えている。そうすればターゲットを絞り込んだテレビスポット広告の販売を(阻害するのではなく)促進することができるだろうし、広告費用も予算が限られた企業にとってさらに受け入れやすいものになる可能性がある。言うまでもなく、このようなシステムを導入するには多くのテレビネットワークの全面的な協力が必要だろうが、筆者にはすぐにそれが実現するとは思えない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?