MS、Windows Server 2008ほか新製品群を発表--IT技術者にラブコール

柴田克己(編集部) 2008年04月15日 21時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「本日の段階で、Windows Server 2008対応のハードウェアは110機種以上。さらに700人以上の認定技術者がいる。本日の発表はプロダクト(製品)ローンチではなく、インダストリー(業界)ローンチだ」

 4月1日にマイクロソフト代表執行役社長に就任した樋口泰行氏は、4月15日に東京都内で開催された「the Microsoft Conference 2008」の場で、多数のパートナー企業の代表と共に、誇らしげに宣言した。

 かつてコードネームで“Longhorn Server”と呼ばれ、長らく開発が続けられていた「Windows Server 2008」の日本語版が、「Visual Studio 2008」「SQL Server 2008」と共にようやく正式に披露されるに至った。

 Windows Server 2008については、4月16日よりパッケージ製品の出荷が開始される。Visual Studio 2008は、2008年2月にすでに出荷済み。SQL Server 2008の開発完了は第3四半期が予定されているという。

 Windows Server 2008における「売り」は、OSに標準で搭載される仮想化技術「Hyper-V」、用途によって堅牢性の高い最小構成のサーバシステムを構築できる「Server Core」、Windows Vistaクライアントとの組み合わせで検疫ネットワークを構築できる「ネットワークアクセス保護機能(NAP)」など。同社では、これらの3製品を、同社がビジョンとして掲げる「Dynamic IT」を実現する中核製品と位置づけ、パートナーと共同で、エンタープライズビジネスにおける今後の基盤製品として推進していく。

 15日午前中に行われた記者発表には、パートナー企業の代表として、NEC、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、富士通、伊藤忠テクノソリューションズの重役も顔を見せ、Windows Server 2008をはじめとする新製品群へのコミットメントと期待を述べた。

 今回のローンチイベントには、米MicrosoftプレジデントのJeff Raikes氏も参加。同社のビジョンである「Dynamic IT」について、「複雑性やセキュリティの問題に対処しつつ、従業員の能力を最大限に引き出し、ビジネスを加速させる戦略的な資産としてITを位置づける取り組み」であると説明する。

the Microsoft Conference 2008-1 Windows Server 2008をはじめとする新製品群発表会に集った各社の代表者。向かって左から、NECコンピュータソフトウェア事業本部長の山元正人氏、日本HP執行役員エンタープライズストレージ・サーバ事業統括の松本芳武氏、MicrosoftプレジデントのJeff Raikes氏、マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏、日立製作所理事情報・通信グループCSO兼経営戦略室長の北野昌宏氏、富士通経営執行役常務の山本正己氏、伊藤忠テクノソリューションズ取締役兼常務執行役員クロスファンクショングループ担当役員の後藤健氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから