「セキュリティを次のレベルに」と語るチェック・ポイントCEO

末岡洋子 2008年04月16日 15時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Check Point Software Technologiesは4月15日、チェコ・プラハでユーザーカンファレンス「Check Point Experience 2008 EMEA」を開催した。

 基調講演に登壇した同社創業者で会長兼CEOのGil Shwed氏は、管理分野、製品ポートフォリオの拡充を強調し、包括的セキュリティソリューションの提供に向けた戦略を進めているとアピールした。同日、ハイエンドのネットワーク・セキュリティ・アプライアンスの最新ブランド「Power-1」を発表し、UTMの製品ポートフォリオを完成させた。

 セキュリティを取り巻く環境はますます複雑になっている。様々な脅威が存在し、多くの課題が管理者に降りかかる。それぞれの脅威に対応する製品こそ存在するが、しかし、時間はない──これが現状だ。

ステートフルインスペクションを開発したことから「ファイアウォールの父」といわれるGil Shewd氏 ステートフルインスペクションを開発したことから「ファイアウォールの父」といわれるGil Shewd氏

 こうした状況にあって、Check Pointはここ数年、ピュアなセキュリティベンダーを目指して事業を拡大している。特に昨年は、Check Pointにとって重要な年となった。

 2月に同社初のUTM「UTM-1」を発表し、その後も最新のIPS「IPS-1」、統合ソリューション、サポート・インフラ・プログラムなど、顧客にフォーカスしたソリューションを打ち出した。

 今年のテーマは「セキュリティを次のレベルに」(Shewd氏)だ。ファイアウォールからエンドポイントセキュリティまで幅広くカバーする技術では、セキュリティの技術レベルの改善を図る。そして、管理の複雑さを解消し、多数のベンダーの製品を導入したくないというユーザーのニーズにこたえていきたい考えだ。

 Shewd氏はこの戦略を「トータルセキュリティ」とまとめる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!