ウイングアーク、日本オプロとSaaS帳票分野で業務提携

田中好伸(編集部) 2008年04月16日 17時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 帳票関連ツールベンダー最大手のウイングアーク テクノロジーズは4月15日、同業3位の日本オプロとSaaS(Software as a Service)での帳票事業で業務提携を結んだことを発表した。今回の業務提携でSaaS市場全般にわたる統一的な帳票出力プラットフォームを提供していくとしている。

 両社はともに帳票関連ツールを提供しているが、ウイングアークは大量印刷・複雑な専用帳票に強みを持っており、一方の日本オプロは少量印刷・単純な汎用帳票に強いとして、今回の業務提携が完全な補完関係の上に成り立ったものであるとしている。

 SaaSの魅力は、初期導入コストを抑え、ソフトウェアの機能を必要な分だけサービスとして利用できることにある。しかし、ウイングアークのSaaS推進室室長の岩本幸男氏は、「企業内の業務システムをSaaSで校正していくときには“落とし穴”がある」と説明する。

 岩本氏はSaaSを利用している現場について「Salesforceで業務を効率化させるといっても、顧客データをCVS形式でダウンロードして、手元のExcelで見積書を作っている」と説明。現段階のSaaSでは、必ずしもオンラインで業務を完結できていないという実態を明らかにしている。

 岩本氏の説明によれば、「ビジネスの本質とは情報の交換であり、ビジネスのノウハウは、情報交換のインターフェースである帳票に集約される」という。日本の企業内における業務の流れは、帳票の流れによって支えられているために、業務を効率化させるには、たとえば伝票や納品書、見積書・発注書、請求書・会計帳簿類など、さまざまな局面で使われている帳票を抜きにSaaS利用を検討することはできないと岩本氏は強調している。

 今回の提携は、ウイングアークが提供する帳票サービス「帳票SaaS」での統一帳票出力プラットフォームを提供するものとしている。

内野氏 日本オプロ代表取締役社長の里見一典氏(左)とウイングアーク テクノロジーズ代表取締役社長の内野弘幸氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR