F5、スループット最大36Gbpsのアプリケーションスイッチを販売開始

田中好伸(編集部) 2008年04月16日 20時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F5ネットワークスジャパンは4月16日、負荷分散機能を中心にしたアプリケーションスイッチの最上位機種「VIPRION」(ヴィプリオン)の国内での販売を開始した。同社にとって初のブレード/シャーシ型モデルとなる。

 7Uのシャーシとブレードで構成されるVIPRIONは、将来のネットワークキャパシティが変化したり、ウェブサイトへのトラフィック増加が見込まれるような状況に対応するため、最大4枚までブレードを搭載できる。ブレード1枚でのスループットは10Gbpsで、4枚まで搭載した場合は36Gbpsとなっている。

 従来のアプリケーションスイッチでは、デバイスを追加するたびにDNSやルーティングなどを変更する必要があったが、VIPRIONの場合、ブレードを挿入すれば自動的に認識され、設定の変更などをしなくても自動的に処理が開始されるようなシステムとなっている。またブレードを1枚取り外しても、瞬時に処理が引き継がれることでシステムが止まることはないという。

 同社にとって最上位のアプリケーションスイッチとなるVIPRIONのターゲットは、通信事業者やデータセンター事業者、金融などオンラインでビジネスを展開しているウェブサイト、トラフィックの巨大なウェブサイトとしている。サービスの成長に伴ってトラフィックの増加が見込まれたり、顧客ニーズによるスループットの増加が予想されたり、サービスの継続性を重視したりといったケースへの対応を想定している。

 税別価格はシャーシのAC電源モデルが699万円、ブレードが1979万円となっている。また、圧縮やSSLのライセンスを上限させ、IPv6などのライセンスをパックしたものが1399万円となっている。

VIPRION ブレードを4枚まで搭載できるVIPRION
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?