「Windows XP SP3」提供開始は4月下旬までに--流出スケジュールから明らかに

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部 2008年04月17日 11時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows XPにとって最後となる予定の3番目のサービスパックが4月末までにリリースされる可能性があるという。流失したMicrosoftのスケジュールから明らかになった。

 ウェブサイトNeowinが手に入れたというXP Service Pack 3(SP3)のリリーススケジュールでは、メーカーとボリュームラインセンス顧客は4月21日にこのアップデートを手に入れることが可能になる予定だという。そのほかのXPユーザーは4月28日から、Microsoft UpdateやWindows Update、Download Centerウェブサイトで同サービスパックを入手できるようになるという。

 このロードマップによると、SP3をインストールしていないユーザーは6月10日には自動アップデートでインストールされる予定となっている。

 XP SP3は、SP2が2004年にリリースされてからMicrosoftが提供したアップデートや修正を効率的にまとめたものである。

 流出したスケジュールの報道に対して、Microsoftは16日に声明で次のように述べている。「われわれは、Windows XP SP3がリリースのための品質基準に見合えば、2008年上半期にも提供を開始しようと見込んでいる」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?