MS、テスト環境の改良でソフト開発を迅速化を目指す

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一 2008年04月18日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェアの開発に長い時間がかかる理由の1つは、テストにかかる時間にある。

 新しい機能はテストを行い、それまでのやり方よりよくなっていること、ほかの部分に悪影響を及ぼしていないことを確認する必要がある。

 Microsoftは、そうしたテストのプロセスを新しいツールを使ってさらに秩序立ったものにし、スピードアップを図りたいと考えている。同社が「Experimentation Platform」と呼ぶのがそのツールだ。

 Experimentation Platformについては、ZDNetのMary Jo Foley氏が取材して記事を書いている。基本的には、長い実績のあるA/Bテストに基づくもので、第1のユーザー群と第2のユーザー群に別々のバージョンを与え、どちらが評価されるかを調べる。

 プロジェクトを率いるRonny Kohavi氏は、2005年にAmazon.comからMicrosoftに移った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?