日本CAがストレージソリューションを強化する狙いとは

鈴木雅喜(ガートナー ジャパン) 2008年04月18日 17時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gartner

 日本CAは2008年4月8日、データ・リカバリ・ソリューションに向けたCA ARCserve Backupの新バージョンr12の発表とともに、日本における新しい営業戦略を明らかにした。同社はビジネス継続性のニーズに応えるデータ保護ソリューション事業の展開に向けて、新たなスタートを切った。

概要

 日本CAは、CA ARCserve Backupの新しいバージョンr12を5月下旬より出荷することを明らかにした。同社は、バックアップ製品として日本でも長い歴史を有する ARCserveを、単体で従来同様の用途に展開するとともに、企業のビジネス継続性確保へのニーズに効率的かつ柔軟に応えるためのデータ・リカバリ戦略製品「CA Recovery Management r12」の一部としても提供していく方向にある。

 CA Recovery Management r12に向けて、日本CAは今回公表したCA ARCserve Backup r12のほかに2008年度中 (〜2009年3月) に、継続的データ保護 (CDP) 製品の新しいバージョンである「CA ARCserve Replication r12」と、CDPとアプリケーションの自動フェールオーバー機能を有する「CA ARCserve High Availability r12」を日本市場に投入する予定である。

(ガートナー 鈴木雅喜氏による戦略分析の全文は、「ガートナー ニュース・アナリシス 日本CA、CA ARCserve Backupの新バージョンと営業戦略を発表」)

Copyright (C) 2008 Gartner, Inc. and/or its affiliates. All rights reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR