目標管理がもたらす弊害の正体(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2008年04月22日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、興味の湧く時事ネタも特になかったので、今回はパフォーマンス マネジメント関連のキーワードである 「目標管理」 について。とはいえ、MBO (Management by Objective) そのものについて語るつもりではありません。

 評価制度としての良いところ、悪いところはたぶん出尽くしているでしょうし、「バランス スコアカード」と同じ一種の 「心得のようなもの」 で、計算式や確立したモデルがあるようなものでもないですし。

 なお、「MBOは定着しなかった」 などと書かれているところもありましたが全くそんなことはなく、一般的な大企業の多くは MBO に基づく評価制度のバリエーションを当たり前に使っています。

 今回考えてみたいのは 「目標」 と 「管理」 の語の解釈。MBO は果たして 「目標管理」 あるいは 「目標による管理」 でいいのかどうか、つまり Objective = 目標?Management = 管理?ということ。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから