マイクロソフト、「Windows XP SP3」RTMリリースを正式に発表

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年04月22日 04時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 噂どおり、米国時間4月21日にMicrosoftは「Windows XP Service pack(SP)3」を製造工程向けにリリースした。

 以下がTechNet XP Forumへの投稿を経由して発表された正式な声明である。

 「本日Windows XP Service Pack 3(SP3)を製造工程向けにリリース(RTM)したことを発表でき、嬉しく思います。Windows XP SP3は現在、われわれの製造チャンネルを通して、OEMとエンタプライズ顧客に提供されようとしているところです。

 われわれはまた4月29日に、Windows UpdateとMicrosoft Download Centerを経由して、ウェブ上でリリース(すなわち、皆さんに!)する準備の最終段階に入っています。Microsoft Knowledge Baseの記事やMicrosoft TechNet Windows XP TechCenterなどのWindows XP SP3関係のオンラインドキュメンテーションは、そのときにアップデートされます。Windows XPを家庭で利用するお客様には、Windows XP SP3 Automatic Updateを通して自宅ユーザーへの配布を初夏に開始する予定です。

 パブリックベータをインストールした皆さんに感謝します――皆さんから詳細なフィードバックを得られただけでなく、時宜を得たトラブルシューティングでお互いに助け合うことができました。このベータプログラムを通していくつかの重大な問題を発見し、かなり本質的な修正を確認することができました。皆さんがいなければこれを成し遂げることはできませんでした。

 今回のWindows XP SP3リリースについて皆さんからさらにフィードバックがあるかもしれませんので、今後数週間かけて、本フォーラムを観察し続ける予定です。」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR