サン・マイクロシステムズ 、ISV向けに「Solaris On Demand」を発表--アプリのSaaS化を支援

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月24日 14時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは、ソフトウェアメーカーが既存のインストール型アプリケーションをSaaS(Software as a Service)に変換できるプログラム「Solaris On Demand」を開始した。

 Sunが米国時間4月23日に発表したSolaris On Demandは、ISVをターゲットにしている。Sunは、アプリケーションを変換するのに必要なソフトウェア、ホスティング、サービスを提供する。Sunは同サービスの提供にあたり、NaviSite、AT&Tの USi Communications、NTT Europeと提携、3社がホスティングサービスを提供する。

 Sunは提携企業とともに90日間の機能検証トライアルを提供する。ISVはこれを利用して、ホスティング、ハードウェアの管理サービス、バックアップサービスにアクセスできる。Sunでは、SLA(サービス品質保証)を稼働率99.5%としている。

 価格はISVにより異なり、必要となる作業量で決定するという。Sunの事業開発マネージャーVince Vasquez氏によると、価格は「必要となるユーザー数に応じて、数千ドル〜数十万ドルになる」という。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!