T-Mobile USA、「Android」対応端末を年末までに投入へ

文:Kent German(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月25日 11時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 T-Mobileは米国時間4月23日、同社がGoogleの「Android」対応携帯電話の提供を2008年末までに開始する予定であることを明らかにした。

 T-Mobile USAでBroadband and New Business Divisionのバイスプレジデントおよびゼネラルマネージャーを務めるJoe Sims氏は、Android対応端末のプロトタイプを見たこと、および、一連のデバイスにおける最初の機種が2008年の最終四半期には利用可能になることを、カリフォルニア州で開催の無線関連カンファレンスで述べた。

 Sims氏の発言は、T-Mobile Internationalの最高経営責任者(CEO)Hamid Akhavan氏が2月にスペインのバルセロナで開催されたGSMA World Congressで語ったことを認めるかたちとなった。記者会見でAkhavan氏は、第4四半期でのローンチを約束したが、どのマーケットに投入するかは明らかにしなかった。

 T-Mobileは、Androidデバイスのローンチ日を定めた最初の米国事業者となる。T-Mobileは、12月の時点でOpen Handset Allianceに立ち上げメンバーとして加わっていた。しかし、同社関係者はAndroid端末を提供することすら明確にしようとしなかった。SprintおよびVerizon Wirelessも同団体のメンバーではあるが、対応デバイスの投入について、可能性や日程について明らかにしていない。

 Sims氏は、予定されているデバイスについて詳細を明かさなかったが、HTCが「Dream」と呼ばれるデバイスを開発中とうわさされている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから