IPA、OSS情報データベース「OSS iPedia」を刷新--PDFドキュメントを追加

田中好伸(編集部) 2008年04月25日 21時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構(IPA)は4月25日、オープンソースソフトウェア(OSS)関連情報のデータベースサイト「OSS iPedia」をリニューアルしたことを発表した。

 今回のリニューアルでは、これまでの「導入事例」「性能評価」「ナレッジベース」に加えて、新しいカテゴリとして「PDFドキュメント」に追加した。PDFドキュメントは、ファイルをアップロードできるとともに、キーワードやタグでの検索機能、ファイルをダウンロードできる機能などを搭載している。

 これらの機能で、ユーザーが作成したPDFドキュメントを公開、ネット上に公開されているPDFドキュメントの活用が促進され、OSS関連のPDFドキュメントの入手が容易になるとしている。初期コンテンツとして、IPAの事業成果140件のPDFドキュメントが登録されている。

 OSS iPediaは2006年5月15日から公開され、2008年3月末までに約950万アクセスを記録しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR