新型「iPhone」は「つややかな黒」?--Engadget報道

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月30日 11時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、次世代「iPhone」に表面的な変更を一部加えようとしている可能性がある。

 Engadgetは、同製品に関する最新の話として、筐体の素材としてアルミニウムに代えて「つややかな黒」のプラスチック状材料を採用すること、そして、さらに重要な点としてGPSチップを追加することをAppleが計画している、というテスターの発言を掲載している。

 モックアップ画像があるものの、実際の製品を見るまで、金属筐体を取りやめる理由は不明だ。一方、GPSチップの追加は確実な動きで、これによって恐らく、iPhone内のGPSや加速度計を利用するおもしろいアプリケーションが使えることになるだろう。

 Engadgetによると、他に2点のマイナーチェンジがあり、新しいiPhoneのヘッドホンジャックは外装と同じ高さとなり、現行製品のようにくぼんでいないという。また、新モデルはわずかに厚くなっているという。ただし、その「わずかに」がどの程度かを示す数値は不明となっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR