HPがActiveXによるソフトウェア更新アプリケーションにパッチ

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年05月01日 10時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HPが同社のソフトウェア更新アプリケーションについて、また別のActiveXの脆弱性を修正した。

 このパッチ(CVE-2008-0712)は「Windowsで動作するHP Software UpdateのコンポーネントであるHPeDiagのActiveXコントロールに潜在的な脆弱性があることが発見された。この脆弱性が悪用されると、リモートから情報を漏洩させたり、任意のコードを実行させることができる」という問題に対処するものだ。

 この脆弱性は、Windows上でHP Software Updateのv4.000.009.002以前のものを動作させているすべてのPCに影響がある。

 Secuniaはこのセキュリティホールを「非常に重大」と評価している研究者のTan Chew Keong氏がこの脆弱性を発見した。HPは何ヶ月も同社のソフトウェア更新機能のActiveXの脆弱性と格闘し続けている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから