あの頃は会社をやめる事ばかり考えていた(ZDNet Japanブログより)

八木大造(クレオ) 2008年05月01日 22時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 数週間前、クレオの新人研修で講師をする機会があったんです。ボクが動機付けをしなきゃいけないのに、明るく元気な新人さん達に逆に勇気付けられちゃった。講義が終わり、扉が閉まりかけたエレベータに飛び乗ったボクは、目的階のボタンを押しながら自分の新人の頃を思い出した。

 当時のボクは高校を出て働き始めたばかりでした。SEの見習いとして、銀行のオンラインシステムを開発するプロジェクトに配属された。

 JCLやCOBOLの汎用機の時代です。うん十、うん百億円の総予算と、数百人で手分けをして開発している大プロジェクト。上司から「きっと、良い経験になるから」と言われ希望を持ってスタートした。

 でも知識も経験もないボクには、自分のやってる作業の意味が分からないし、先輩には毎日どやされるし、あの頃は会社をやめる事ばかり考えていました。

全文はこちら--「真水不足のミッドウェイ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!